アエロメヒコ航空でリマまでの旅・出発から到着までをリポート

今回はアエロメヒコ航空を利用した、成田からペルーのリマまでの旅をリポートしようと思います。

アエロメヒコをいつも利用する理由

ここ最近、半年に1回のペースで中南米方面へ行っています。その際に私がいつも利用している航空会社はアエロメヒコ航空です。ペルーのリマまで行くにはアメリカを経由する場合と、メキシコを経由する場合などが主要なルートだと思われますが、私がいつもアエロメヒコを利用する主な理由は以下のとうりです。

  • 英語が苦手なのでメキシコ経由の方が気が楽
  • アメリカ経由だとESTAに登録する手間がかかる
  • スカイチームのメンバーなのでマイルがたまる

ちなみに南米まではけっこう距離があるのでマイルもどーんと貯まります。航空券の価格はあまり比較をしたことがないのですが、アエロメヒコは時々プロモーションなどで値段が下がっていたりもするので、アメリカの航空会社よりも安苦なることもあると思います。

成田空港から出発

アエロメヒコは成田空港の第1ターミナル、北ウイングのFカウンターでチェックインします。入口近辺の機械で簡単なチェックインを済ませられますが、荷物を預ける場合は中のカウンターで荷物タグをつけてもらいます。エコノミークラスの場合は預け荷物23kg以内のもの2個まで大丈夫です。

また、座席の方も窓側とか通路側などのリクエストがあればここで対応してもらえます。

機内サービス 成田〜メキシコ線

アエロメヒコの機材はボーイング787で、機内の轟音もさほどでもなく揺れも少なくて快適。他の航空会社との比較ができないのであくまで私個人の感想になってしまいますが。。。

機内エンタテイメントは日本語も対応していて、映画などは50本以上の中から選ぶことができます。いつもなら映画のイメージ写真とあらすじが見れるのですが、今回はなぜかイメージが表示されず(枠があるにも関わらず)英語のタイトルとあらすじを読んでいくのはとても面倒だったので(というか英語のわからない私には不可能)、映画を見る気が失せてしまいました…。たまにわけのわからない不便なことが起こります。

座席も後ろの方だと、二種類ある機内食のうちどちらかが先になくなってしまい、聞かれることもなく渡されてしまいます。こういうこと何度かありました。

あとけっこう気づいてない人もいると思うんですが、機内後ろの客室乗務員の待機場に、カップラーメンやサンドイッチが置いてあるので小腹が空いたら食べることができます。乾燥した機内の中で食べるカップラーメンはけっこう美味しいです。

メキシコまでのフライトは約12時間でした。

メキシコ国際空港へ到着

メキシコでの入国審査は機械式になっていました。顔と指紋認証をすると、入国審査用の書類が顔写真入りでプリントされて出てきます。これと同じ用紙を機内で配られたので手書きで記入して用意してたのですが、出番はなかったようです。このプリントされたものを入管の係員に見せるとパスポートにスタンプを押してくれます。

預けた荷物をメキシコで一度受け取るのかどうかは、現地の空港に着いてから係員に確認してくださいと成田空港で言われたので、確認をしたところ私の荷物タグを見て「ホラ、ここにLimaって書いてあるじゃないか。だから受け取らなくていいよ」って、いちいち確認しないでくれって感じで言われてしまいました…。

というわけでそのままトランジットゲートへ進み、手荷物検査を受けたらもう、すぐに出発ロビーです。

ちなみにメキシコシティ空港のWi-fiはInfinitumのフリーのものがあります。メールアドレスなどを登録するとWi-fiに繋がりますが、5分で切れてしまいますので大事な用事を優先した方が良いかと思います。

機内サービス メキシコシティ〜リマ線

さて、いよいよリマに向けて出発です。こちらの飛行機も新しいみたいで機内は清潔な感じがしました。座席は3列3列。非常口席だったので前のスペースもとても広かったです。席もガランガランだったので思い切り横になって寝ることができました。リマまでは約5時間のフライトで、離陸後すぐにわりとしっかりした機内食が1度出るだけです。機内エンターテイメントも成田〜メキシコ線同様のサービス内容でした。

いよいよリマ。どんな旅になるのか楽しみなのと同時に旅をできることに感謝。

リマの空港に到着

リマの空港に到着しました。入出国書類は特にありません。機内で渡されたのは税関の書類のみ。これだけでもユルいな…と感じるのに、さらに荷物をピックアップして、機内で渡されて準備していた税関申告書類もチェックされることなくあっという間に出口へ到着。ホントにユルいです…。前回リマに来た時もこんな感じで、このユルさに南米に来たんだなとつくづく感じました。

ペルーの空港にも無料Wi-fiがあります。今回は使用しなかったのですが、ここでもやはりメールアドレスや生年月日などいくつかの情報を入力してWi-fiに繋がります。こちらも確か10分ほどで切れてしまいますのでご用心。

日本からアエロメヒコで到着する便は夜遅くにつくものが多いです。タクシーは知人に頼んで手配済みだったのでお迎えがありましたが、ない人はホテルや宿の送迎サービスを利用するなど、なるべく安全な方法を取るようにした方が良いかと思います。

いかかでしたか?アエロメヒコ航空でリマへ行かれるかたの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ

リマからナスカへ向かう途中に位置するイカ(ICA)という街があります。そこにはワカチナという現実とは思えないような景色の砂漠のオアシスがあり...

スポンサーリンク