ペルーでSIMカードを購入!料金プランや購入の仕方を説明します

SIMフリー携帯がまだ日本の世間ではあまりメジャーでなかった頃からSIMフリー派だった私は、今回の旅ほどSIMフリー携帯にしててよかったと思ったことはありません。安い価格であっという間にペルーで快適に携帯が使えるようになって感動でした!今回はSIMカード購入の一部始終をリポートしようと思います。

SIMカードの会社を選ぶ

今回私が選んだ電話会社はClaroというところです。わりと何処でもこのロゴを見かけるのでこの会社にしてみました。店舗も大きなショッピングモールなどに行けばあると思います。今回はサンミゲル地区にあるショッピングモール、プラササンミゲル(Plaza San Miguel)の中にある店舗へ行きました。

Claro以外の電話会社だとMovisterやEntelなどがあります。Movisterはネットがブツブツ途切れたりすることがあるらしく、現地の友人からお勧めされませんでした。EntelにはClaroよりも安いプランがあるそうです。私はEntelを知らなかったので選択にありませんでした。

Claroの店舗に入ってからの流れ

店舗に入ったらまず受付へ行き、要件を伝えてから順番待ちの番号札をもらいます。この時点でまずパスポートもチェックされました。

順番が来て呼ばれたらカウンターへ行き、そこでまた要件を伝えます。そこでもまたパスポートチェック。

プランをいろいろと説明されます(プラン内容は後記)。プリペイドSIMカード、ポータブルWi-fiや固定契約などいろいろとあるみたいですが、SIMフリー携帯を持ってるのならプリペイドSIMカードが断然おすすめです。

決めたらまずプリペイドカードを購入します。このカード自体はたったの5ソル(約150円)。日本でも格安SIMなどと言われてますが、この価格を知るとあまり格安とは思えなくなってしまいますね…。

支払いはカウンターとは別にある支払専用の窓口へ行きます。ここでもまたパスポートチェックがありました。

支払いはCaja(カハ)という窓口で。

支払ったらまたカウンターへ戻り、今度はプリペイドの料金プランを選びます。そして再び窓口で支払い…。いちいち窓口で説明しなきゃならないので一度で済ませてほしい…。(プリペイドの支払いは機械でもできるようなのですがあいにく故障中でしたので)

はれて支払いがすべて終わればまたカウンターへ戻り、ようやくカードと自分の電話番号をもらえます。自分でカード挿入してアクティブ化してもいいですが、やり方がわからなければカウンターの人に言えばアクティブ化までやってくれると思います(私はやってもらいました)。

気になる料金プラン

プリペイドSIMカードの料金プランは上から5列目までです。私がここで選んだのはインターネットのみの3GBパッケージ、30日間有効のもので30ソル(約900円)です。

上記に加えて10ソル(約300円)のチャージをすると7日間の無料通話がつくようなので、いちおうそれもプラスしてみました。7日間を過ぎると電話はかけられないけど受けることはできるそうです。

というわけでカード代とプラン料金を合わせて45ソル(約1350円)でした。

ちなみに私はiPhone利用者ですが、LINEやWhatsAppなど自分が使用しているアプリなどは何も設定などし直すことなく、すべてそのまま使うことができました。電話もかけてみましたが普通に通話ができました。

チャージした分がなくなると779という番号からショートメールで案内が来るそうです。この記事を書いている現在ではまだ無くなっていないですが、50MB、300MB消費した時点で779から知らせが届きました。

まとめ

ペルーでプリペイドSIMカードを購入するポイントとしては

  • 電話会社を決定してから店舗へ行く
  • パスポートを必ず持参

この2点をとりあえず押さえておき、あとは以下の言葉を覚えておけばなんとかなると思います!

  • タルヘタ デ シム(Tarjeta de SIM)SIMカードそのもののことをTipと言ったりもするそうです。
  • プレパゴ(Prepago)プリペイド
  • レカルガ(Recarga)チャージ

追加でチャージをする機会があればその方法などもまた追記していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ

リマでバスに乗るのはエネルギー使ってなかなか大変です。何度か乗ってみて感じたことや観察したことなどをまとめてみました。

スポンサーリンク