【ペルーグルメ】気軽に食べれるご当地ペルースイーツの超おすすめ3選!

旅をしたらせっかくならご当地の食べ物を試してみたくなりますよね。そこで思いつくのがスイーツ!ペルーにも現地ならではのものがありました。チェーン店のメニューにあるご当地ものから、100%ペルー産のお菓子など3選をご紹介します。(1ソル=0.3USドル ※2018年5月のお話)

f:id:soymaquita:20180519115425j:plain

スタバのメニューに見慣れないフラペチーノを発見!

私が滞在中にとってもはまってしまい、帰国する直前の空港でまで食べていたスタバのスイーツがこちら。

f:id:soymaquita:20180519115426j:plain一体これは何?といった感じですが、このフラペチーノ、実はペルーでは国民的人気フルーツのルクマ(Lúcuma)の味なんです。フルーツといってもルクマってカボチャみたいにモサモサした食感でキャラメルっぽい甘さを持っています。色もカボチャのようで、形はアボガドに似ています。しかもルクマはインカのスーパーフードといわれるほどで栄養素がとても豊富なんですよ!

ルクマはアイスクリームではもう定番のフレーバーで、チョコレートとの相性が抜群!というわけでこのフラペチーノもトッピングでチョコチップ入り!

お値段は14ソルで、チョコチップ入りだとプラス1.5ソルとお値段は少し高め。でも甘いものが好きな人には絶対にオススメできるスイーツだと思うので、ぜひチョコチップ入りで試してみてくださいね!

また、ルクマの他にもアルガロビナという南米原産の木の豆からとったエキスフレーバーのフラペチーノもあります。こちらも珍しいので興味があればぜひお試しあれ。

Pinkberryフローズンヨーグルトのトッピングはペルーのスーパーフルーツ!

f:id:soymaquita:20180519115427j:plain

フローズンヨーグルトのお店Pinkberryにもペルーでしか食べれないものがありました!

ベースになるフローズンヨーグルトの味は、マラクヤというザクロのようなパッションフルーツの味。そしてトッピングにはアグアイマント(Aguaymanto)というほおずきの実のようなフルーツ。このアグアイマントはプチトマトのような食感で少し渋みがあるけども全体的には甘酸っぱい味。実はこのフルーツもビタミンやポリフェノールなどの栄養素がけっこう豊富なんだそうで、スーパーフードの一種とも言われているんです!

本当にペルーってスーパーフードの宝庫で、普段のさりげない生活の中で取り入れられるのが羨ましいですね。

こんな珍しいものがトッピングされたフローズンヨーグルトも、やはりフルーツの宝庫であるペルーならではのもの。ぜひ試してみてください!

PinkberryはサンミゲルモールやヘススマリアのReal Plaza Salaberry、ミラフローレスのLarcomarなどのショッピングモール、空港などにあります。

ペルー産の代表的なお菓子といえばチョコテハ!

チョコテハ(CHOCOTEJA)というお菓子はペルーのイカ市の名産品なんだそうで、ヌガーのような食感でキャラメルやナッツなどをチョコレートでコーティングしたものです。味もいろいろあって、ばら売りもしてるのでいろいろな味を試してみるのもいいかもしれません。

そしてもちろんお土産としても大人気!ミラフローレスにチョコテハのお店があります。

f:id:soymaquita:20180519115428j:plain

ピーカンナッツ味にレモン味、ココナッツ、コーヒー、マラクヤ、そしてここでもルクマ!

f:id:soymaquita:20180519115429j:plain

f:id:soymaquita:20180519115430j:plain

ばら売りのものはいくつか買うとちゃんと箱につめてくれます。

Sra. Buendia Tejas y Chocotejas

f:id:soymaquita:20180519115431j:plain

住所:Av. Caminos Del Inca 1506 – Surco, Lima, Peru

スタバにもチョコテハ!

f:id:soymaquita:20180519115432j:plain

こちらはスタバ製のチョコテハ。現地のお友達がプレゼントしてくれたのですが、包みも可愛くてもらったときにすごく嬉しかったです!ビター系のチョコ味で美味しかったです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク