ペルーのあのカラフルな山、レインボーマウンテンってどうやって行くの?

最近テレビやSNSなどでよく見かけるとってもカラフルな山の絶景、これってどこにあるの?って思ってるかた多いんじゃないかと思います。この記事ではそのカラフルな山・レインボーマウンテンについて、そして自分が実際に行ってきた時のことをまとめています。(価格等は2018年12月現在のものです)

レインボーマウンテンってどうやって行くの?

レインボーマウンテンは南米のペルーにあり、マチュピチュへ行くための玄関口となる町、クスコから日帰りで行くことができます。たくさんのツアーがあり、早朝にクスコを出発して夕方には戻ってくることができます。

ちなみに、このレインボーマウンテンはスペイン語ではモンタニャ・デ・シエテ・コローレス(Montaña de Siete Colores・7色の山)とかモンタニャ・デ・アルコイリス(Montaña de Arcoiris・虹の山)と言います。

ツアーに申し込んでみた

ツアーを探すのはクスコに着いてからで十分だと思います(理由は後述いたします)。旅行代理店もたくさんあってどこにすれば良いかわからないと思うので、参考までに私が利用したツアー会社をご紹介しようと思います。

私が利用した旅行会社はアルマス広場からわりと近くの、マチュピチュの入場チケット売り場のすぐ目の前にあるQori Inka Travel です。

道路側から奥に中庭が見える入り口をそのまま入って、右手側にいくつか旅行会社が並んでいます。私は安く提供してくれそうな旅行会社を一軒一軒探そうと思い、まず一番手前にあったQori Inka Travelに入ったところ、1軒目にしてお目当ての価格にしてもらえたのでここに決めてしまいました。

ここの販売員のセニョーラ・Elyさんは、とても丁寧にゆっくりとツアーの内容を説明してくれました。スペイン語で説明を聞いたので英語が話せるかはわかりません。

私が申し込んだツアーは55ソル(約1650円)。道端で呼び込みをしていた人たちから言われた値段は65ソルで、どんなに値下げしても60ソルにしかならないとのだったのでここは良心的な方だと思います。この代理店でもはじめは65ソルでしたが、値切り交渉した結果55ソルとなりました。

【ツアーに含まれているもの】

  • バス代
  • 朝食
  • 昼食
  • 登山ガイド
  • 高山病などの応急処置(科学的な薬はなし)

☆登山料10ソルは込まれていないので、バスの中で別途徴収されました。

【Qori Inka Travel】

Calle Garcilaso No.210  C.C. La Casa del Abuelo Int.122 Cusco, Peru

ツアーの開始は早朝から

ツアーは通常朝の5時ごろにホテルへのピックアップが始まります。私が申し込んだ時もそのように言われました。しかし前夜になって急に旅行社から、明日は選挙の日なので夜中の3時にホテルに迎えに行きますと連絡がありました。選挙があることは何日も前からわかっていただろうに(外国人の私でも何日も前から知っていました)、前夜の急な予定変更とかさすがゆる〜イ南米だなという感じです。

さらなる洗礼というべきか、3時からホテルのロビーで待っていたものの結局お迎えが来たのは3時45分ごろでした。絶対に3時には来ないだろうとは思っていたけども、ここまで遅いと逆に不安になりましたが、まぁこんなもんだと思います。

朝食タイムの様子

全てのツアー参加者ピックアップが終わると、バスは街を出て1時間半近く暗闇の中を走ります。その後ツーリストレストランにて朝食。

自然の中にある素朴な感じの建物の中で朝食。車の外に出ると夏の12月でもかなり寒く、完全防備していなかった私は少し心配になりました・・・。が、さすが商売上手、ここにきちんと防寒グッズが売られています。

レッグウォーマーが15ソル(約450円)ほどだったのでさほど高くもないと思い購入。また、登山でかなり役に立つトレッキングステッキのレンタルもここにあります。1本5ソル(約150円)だったので、登山に慣れていない人はここでレンタルするのも良いかもしれません。

朝食はパンとスクランブルエッグといった軽めのものでした。登山前でがっつり食べたいという人には少し物足りないかも。フルーツや軽食など自分で持参してくるのもおすすめ。私はホテルの朝食がわりにもらったバナナを持ってきていました。

みんなが朝食を食べ終えた頃に、ガイドさんからトレッキングの説明があります。ガイドさんは2人いて英語とスペイン語に分かれて説明をしてくれます。このガイドさんがここから先、トレッキングをして昼食でここにまた戻ってくるまで同行してくれました。標高5000m以上ものトレッキングになるので、体調の変化がおこったりするかもしれません。注意事項などをきちんとここで話してくれますので、しっかりと聞いておきましょう。

トイレもここで済ませておきましょう。意外と清潔感のあるトイレでしたが、トイレットペーパーはありません。売店でも売っていますがホテルなどから自分で持ってきた方がいいでしょう。このツアーに限らずですが、中南米を旅するのならトイレットペーパーを1ロール、ティッシュがわりにカバンに忍ばせておくとかなり重宝しますよ。

その後バスで1時間半ほど崖すれすれの砂利道を走ります。スリル満点な絶景を見ることができるので、ますますテンションが上がってきます。

いよいよトレッキング開始

車で行ける場所の終点に着くと、そこからトレッキングが始まります。スタート地点でもう一度注意事項を聞き、みんなで掛け声をかけて士気を高めます。トレッキングの流れは、

登山1時間半(約3kmの道のり)→ポイントでの絶景鑑賞30分 →下山1時間

登山開始後は再び車に戻ってくるまで個人行動になります。

各バスごとにグループ名をつけていて、私のグループは「チャンピオン」という名前でした。ガイドさんが登山中に「ガンバレ、チャンピオン」とメンバーに声をかけてくれたりして、辛くて厳しい登山中でも仲間がいるという励みにもなりました。

ちなみに登山開始地点から馬に乗ることもできます。往復で80ソル(約2400円)、途中からでも乗ることができますが、その場合の値段は不明。馬を使っている人もけっこう多かったです。

途中、雪に覆われた山々の絶景が見えたりアルパカにも出会えます。一緒に写真撮ったりもできて癒しのひと時。

物売りの少女たちや、馬をひく地元の人たちも一緒に登山しています。

普段から山登りに慣れている人は別として、そうでない人にとっては本当に登りは厳しい道のりです。ゆっくり、ゆっくりと休みながら焦らずに登ります。

途中からレインボーマウンテンそのものが真横に見えてきていますが、スポットまで行かないとやはり例の景色は見えません。

そしてやっとの思いでたどり着いて見ることのできた絶景がこちら!

この日は雨季にも関わらずこのような晴天で、ガイドさんも本当に「ラッキーだ」と言っていたほど。曇っていたりすると見え方も全然違うと思いますし、また、雪が積もってカラフルな山そのものが見えないなんて残念なこともあるらしいので、天気は本当に重要だと思います。なのでツアーに申し込むのはクスコに着いてから、天気の様子などを見て決めるのがおすすめです。

ビューポイントにはオシャレをしたアルパカがいて一緒に写真も取れます。お金はかかりませんが、気持ち程度のチップはあげてね。

この辺りの標高は約5200mです。こんなに晴れていても冷たい風がピューピュー吹いています。長い時間スマホ撮影をしていると手がかじかんでしまうほど。しっかり防寒して行きましょう。

下山、そしてクスコへ

クスコの市場で購入したアルパカ人形も持参して一緒に写真とってみました。ペルーらしい写真が撮れてわれながら大満足。

思い思いに写真を撮り、下山すると同じようなシャトルバスがたくさん待機しているので、ここでも「チャンピオン?」と聞きながら自分の乗ってきたバスを探します。

全員揃ったら帰路へ。再び朝食と同じツーリストレストランへ。

昼食はバッフェ形式で、メイン料理の前に温かいスープもつきます。

みんながご飯を食べ終えた頃に、ガイドさんが再びレインボーマウンテンについての解説をしてくれます。そしてアルパカやリャマ、ビクーニャの違いや見分け方とかいろいろ興味深い話もしてくれました。

このツアーこのお値段で、ここまでいろいろやってくれるガイドさんには正直感心しっぱなしでした。本当にしっかりと仕事をしてくれていてとても好感が持てました。

このガイドさんとはここでお別れです。

再びバスに乗りクスコの街へ戻ります。この日は選挙だったので早めにスタートしてクスコに戻ったのは午後3時ごろでした。

ツアー参加の注意点まとめ

記事の中にも注意点を散りばめていましたが、ここでも箇条書きでまとめておこうと思います。

  • 天気によって見える景色が全然違うと思うので、よく決断してツアーに申し込みましょう。私の時もスマホによるクスコの天気予報では晴れマークになっていたけど、旅行社の販売員さんには「クスコと山の天気は違う」と念をおされたので、あとは自分で決断するのみだと思いました。
  • 寒いのでしっかりと防寒を(毛糸の帽子、マフラー、手袋など)
  • 晴れていると日焼けします。焼けたくない人は日焼け止めを忘れずに
  • コカ茶を持参すると気休めになるかも。コカ茶は高山病に効くと言われています。ペットボトルの水の中にコカの葉をたっぷりと入れて持って行きましょう。
  • 小銭やトイレットペーパーなど中南米を旅するのに持っていると困らないものはここでも例外ではありません。きっと役にたつでしょう。

さいごに

このレインボーマウンテンはここ3年ほどで人気急上昇してきたようです。最近ではマチュピチュ観光とセットで行く人も多いのではないでしょうか。

クスコをはじめペルーにはこの他にもまだまだ知られざる絶景スポットがたくさんあります。「ペルー旅行といえばマチュピチュ」という時代はもう古くなってきているのかもしれません。せっかく遠い日本の裏側まできてるのだから、弾丸のように通りすぎてしまわず、じっくりとペルーの魅力を楽しんでくださいね!

こちらの記事も合わせてどうぞ

リマからナスカへ向かう途中に位置するイカ(ICA)という街があります。そこにはワカチナという現実とは思えないような景色の砂漠のオアシスがあり...

スポンサーリンク