マチュピチュ観光にかかった費用約15,000円の内訳を公開

マチュピチュ遺跡を観光するにはお金がかかるというイメージがすごくありました。実際に行ってみて確かに費用はいろいろとかかりましたが、節約できるところなどもあったと思います。私が実際にマチュピチュ観光をしてかかった費用をまとめてみました。

※ここで紹介する費用とはクスコからかかった交通費や入場料等で、宿や食事代は入っていません(価格や情報は2018年12月現在・1ソル30円と大雑把に計算)

クスコ〜アグアスカリエンテス往復交通費

【クスコ→アグアスカリエンテス(バス&徒歩):35ソル(約1,050円)】

私はクスコからアグアスカリエンテスまで乗合バス&徒歩という方法で行きました。ここが一番大きく節約できたところだと思います。しかし費用は節約できるのですが時間&体力と引きかえにという感じです。

クスコから7時間乗合バスに乗り、その後に3時間のトレッキング。移動にまる1日かかるうえに体力も必要となります。でも得られるものも多く、トレッキングでは大自然や絶景を見ることもできたし、アグアスカリエンテスへ到着した時の達成感は素晴らしいものでした。

クスコからマチュピチュ村まで行く方法の一つで、体力と気力、時間さえあれば初心者でも達成できてしまう徒歩で行く、スタンドバイミーコースをご紹介しようと思います。マチュピチュ遺跡とプラスアルファで自然や絶景も楽しめます。

 

【アグアスカリエンテス→オヤンタイタンボ(列車):65USドル(約7,500)】

往路と同じ方法で戻ればここでも節約はできたのですが、マチュピチュ観光の後にまた3時間歩いて7時間バスというのはさすがにキツいだろうと思い、帰りは列車を使うことにしました。私が今回利用した列車はインカレイル(INCARAIL)です。チケットは事前にネットで購入しておきました。

INCARAILのネット予約はこちらで

ネットでの購入は英語かスペイン語のみのようです。

クスコのアルマス広場にもINCARAILのオフィスがあるので、ここで直接購入することもできると思います。

ネットで予約すると自分のメールアドレス宛にチケットの予約確認書がPDFファイルで届きます。プリントアウトしておきましょう。旅先でプリントアウトできなければ、INCARAILのオフィスに行けばプリントしてくれます。

私が乗った列車は14:30PMアグアスカリエンテス発。オヤンタイタンボ到着は16:00PMごろでした。

【オヤンタイタンボ→クスコ(乗合バス):10ソル(約300)】

復路の旅はまだ続きます。オヤンタイタンボからクスコまではコレクティーボという乗合バスで移動。列車を降りると客引きがたくさんいます。タクシーの客引きとごっちゃになって声をかけてくるので、間違えないようにしましょう。コレクティーボの相場は10ソルぐらい。

オヤンタイタンボからクスコまでの道のりは約1時間半ぐらいかかります。バス出発までかなり長く待たされたので(人が集まるまで出発してくれませんでした)オヤンタイタンボを出たのは17:00PM近かったです。クスコへ到着したのは18:30PM過ぎごろでした。

村からマチュピチュ遺跡までの交通費 

【アグアスカリエンテス→マチュピチュ遺跡バス代:12USドル(約1,370)】

アグアスカリエンテスからマチュピチュ遺跡まではバスで行くのが一般的のようですが、このバスがまた驚くほど高く、片道12USドル(往復24USドル)もするのでびっくりします。

この区間にはハイキングコースがあって歩いて行くこともできますが、登りは相当きつそうなので節約コースにするのなら下りをおすすめします。私も登りはバスで下りをハイキングコースにしました。

ハイキングコースの様子はこちらの記事でどうぞ

南米ペルーは日本とは季節が逆で、12月だと夏になるのですが実は雨季でもあります。年末年始などの大型連休もあって旅行の計画も立てやすい時期ですが、そんな時期のマチュピチュ観光はいったいどんな感じなのか。実際に行ってきたので報告しようと思います。

 

マチュピチュ遺跡入場チケット

【マチュピチュ遺跡のみ入場料:152ソル(約4,560)】

これが一番大事なところです。マチュピチュ遺跡は事前にチケットを購入しておかないと入場できません。1日の入場者数も限られているのでギリギリになったりすると入場者数オーバーで入場できないなんてこともありえます。

私の場合は12月の雨季の時期だったのでチケットにもだいぶ余裕がありました。チケットの販売状況はこちらのホームページで見ることができます。

いつチケットを買おうか常に頭を悩ましていたのですが、結局買ったのはクスコに着いてから。現地のチケットオフィスで直接購入しました。チケットのオフィスはアルマス広場からも近いところにあります。

ガルシラソという通りにあり、この辺には旅行代理店などもあります。

一番左のガラスの扉の場所がマチュピチュのチケット売り場です。

※チケットをデビットカードで購入すると8ソルの手数料が別途かかりました。

費用のまとめ

  • クスコ→アグアスカリエンテス(バス&徒歩):35ソル(約1,050円
  • アグアスカリエンテス→オヤンタイタンボ(列車):65USドル(約7,500円
  • オヤンタイタンボ→クスコ(乗合バス):10ソル(約300円
  • アグアスカリエンテス→マチュピチュ遺跡片道バス代:12USドル(約1,370円
  • マチュピチュ遺跡入場料:152ソル(約4,560円

上記の交通費や入場料の他にも、アグアスカリエンテスでのホテル代や食事代などもさらにかかります。また、2017年ごろからマチュピチュ遺跡観光にはガイドを雇わないと入場できないという情報などが錯綜していました。私が行った時点ではガイドなしでも入場できましたが、ガイドを雇うとグループでも1人10ドルほどかかるという話を聞きました。

少し残念だなと思った小さな出来事

せっかくの楽しい旅先で、幻滅してしまうようなことが一つありました。

マチュピチュ村のレストランに入った時に20ソルの食事代に対して10ソルのローカルサービス料が上乗せされていたこと。これが法で決められている税金なら仕方なかったのですが・・・。この10ソルは何?と聞いてみると、サービス料だけど義務ではないので払いたくなければ払わなくてもよいとのこと。

それならチップで良いんじゃないの?という感じなのですが(ちなみにこれぐらいの金額の食事なら1〜2ソルのチップで十分なんです)、こっそりと伝票に10ソルも上乗せされていたことが少し悲しくなったのです。私はいつも伝票を必ずチェックするのですぐに疑問に思ったけど、気付かずに払ってしまう人もいると思います。その上にチップまで払ってしまうことだってあるかもしれません。

結局私はチップしか払いませんでしたが、レストランを出るときは少し気まずかったです。マチュピチュ観光に来る人たちをそういうふうに思っている現地の人たちのやり方に少し悲しい気分になってしまいました。

マチュピチュ観光をしてみた感想

正直なところ、やはりマチュピチュ観光にはお金がかかるというイメージは覆されることはありませんでした。マチュピチュ遺跡そのものは素晴らしいです。でも個人的にはこれまでに何度も写真で見ていたからか、写真と同じだなというほどの感動しかありませんでした。でもやはりマチュピチュは「一度は行っておきたい場所」として自分の中に君臨していたので、結果的には行ってよかったとは思います。

マチュピチュに対する憧れや感動は人それぞれ。それぞれの人の価値に合わせた、マチュピチュ観光プランに役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク