マチュピチュ遺跡・12月の雨季観光報告

南米ペルーにあるマチュピチュ遺跡は「いつかは行ってみたい場所」として不動の人気を誇っていますね。ペルーは南半球にあるので日本とは季節が逆です。12月だと夏になるのですが、実は雨季でもあります。12月は年末年始などの大型連休があって旅行の計画も立てやすい時期ですが、そんな時期のマチュピチュ観光はいったいどんな感じなのでしょうか。実際に行ってきたのでこの記事に書き記そうと思います。

雨季だったが結果的には晴れた

スマホの天気予報によると、クスコの天気は毎日晴れマークだったのですが、マチュピチュ遺跡のあたりはクスコとは全く気候が違うので要注意です。マチュピチュ観光の天気を気にするのならアグアスカリエンテス(通称:マチュピチュ村)の天気をチェックしましょう。

私がマチュピチュ観光へ行ったのは12月の第1週目。アグアスカリエンテスの天気は悲しくなるほど毎日雨マークでした。なのでマチュピチュ遺跡も見えないかもしれないと諦めていたのですが、結局のところ雨には一度も当たらずに観光することができました。

クスコからバス&徒歩でアグアスカリエンテスへ向かうハイキング、スタンドバイミーコースも晴れて暑いほどでした。

クスコからマチュピチュ村まで行く方法の一つで、体力と気力、時間さえあれば初心者でも達成できてしまう徒歩で行く、スタンドバイミーコースをご紹介しようと思います。マチュピチュ遺跡とプラスアルファで自然や絶景も楽しめます。

マチュピチュ観光当日の様子

観光前夜の夜中には大雨が降っていました。寝ている最中に雨の音で目が覚めてしまったほど。この時に正直もうマチュピチュは諦めました。しかし朝5時ごろに起きると雨は止んでおり、霧がかかった曇りの天気に。

しかしマチュピチュ遺跡までバスで向かう途中、山を登って行くにつれてまた雲が濃くなっていき、視界もほとんど見えなくなるほどに。気分までどんよりしてきました。

マチュピチュ遺跡入り口の様子。雲がかかっていて不安増大(午前6時半頃)。

天気のこととは関係ないのですが、この入り口ではパスポートにマチュピチュ観光記念のスタンプを押してくれるそうです。私は実はそれを知らなくて、あとから知ってけっこうショックを受けました。せっかくマチュピチュまで行ったのに残念です。

もう一つ、2017年ごろからマチュピチュ遺跡を観光するにはガイドをつけないといけないという情報が錯綜していました。私もこのことがすごく気になっていました。なぜ高い入場料まで払った上にわざわざガイドまで雇わなくちゃいけないんだろう、自由に観光させてくれないんだろうかと。

しかし結局のところ、ガイドは無しでも入場できました(2018年12月現在)。

ガイドを雇って説明を受けながら観光している人もたくさんいました。なのでガイド無しで観光している人には遺跡内の係員も少し冷たいような感じがしました。あくまで私個人の感じたことですが、道を聞くにしても係員に聞くより同じようにガイド無しで観光している人たちに聞いた方が親切でフレンドリーに教えてくれました(情報共有してくれました)。

マチュピチュのあの景色も、はじめ到着した時には視界真っ白で何も見えませんでした。なのでどこにあるのかもわからず途方に暮れてしまいました。しかし30分ほど粘って待っていると、少しずつ雲が薄くなってきて景色が見えてきたのです!

しばらく待った結果、最終的には雲がかかっていて神秘的なマチュピチュの景色を見ることができました。晴れた日のマチュピチュが見たいとか、逆に曇っていて神秘的な方がいいとか、マチュピチュの感想は人それぞれだと思いますが私はこれはこれで全然よかったと思っています。途中からは雲の合間に晴れ間が見えるほどになり、もう少し遅い時間ならおそらく全景が見えていたのではないかと思います。

クスコ在住の人にマチュピチュに行った話をしたら「早朝じゃ雲がかかっていても仕方ないよ」と言われたので、雨季乾季はあまり関係なく早朝だと雲がかかり気味なのかもしれませんね。

このように遺跡ははっきりと見えていました。

リャマと遭遇。

人間が近寄っても逃げることもなくマイペースに何かを見つめています。

優雅に佇んでるリャマ。マチュピチュ遺跡内の癒しの存在です。リャマは見かけたけどアルパカには遭遇できませんでした・・・。

遺跡から街まではバスではなく徒歩で 

3時間弱、遺跡内を観光してからアグアスカリエンテスの街へ戻りました。私は歩くのが好きなので、帰りはバスを使わずに徒歩にしました。遺跡の出口左側にこのような看板がありますのでそこからスタートします。街までは約1時間。

バスだと山道をくねくねとカーブしながらですが、徒歩だとダイレクトに下がっていく感じですね。

このような階段をひたすら下りていきます。段差がけっこうあるので、上りは本当にキツイと思います。実際に登ってくる人とすれ違ったけども、みんなとても辛そうでした。すれ違ったほとんどの人たちに、遺跡まであとどれくらい?って質問されました。

だいぶ下の方まで下がってくると、階段を外れてバス道を歩いたりもします。このハイキングは、前日のスタンドバイミーコースに比べたら距離的にも時間的にも短いですが、ハードさでいうとこちらの方が上回っているかも。翌日、ふくらはぎ筋肉痛になりました。

このような絶景と雰囲気のある橋。

寂れた吊り橋も雰囲気あります。

途中、このような看板があるので迷うこともありませんでした。

大自然と絶景のオンパレードです。

マチュピチュは山の中にあるけどもジャングル地帯です。蚊にたくさん刺されてしまったので、歩くのなら虫除けがあったほうがいいかもしれません。

温泉郷のような懐かしさを感じるアグアスカリエンテス(マチュピチュ村)が見えてきました。

さいごに

 12月の雨季にマチュピチュ観光をするというといろいろな人に心配されて、「マチュピチュはもう見れないかもしれない」と何度も何度も覚悟を決めましたが、結果的にはマチュピチュも見れたし雨に当たることもなくハイキングまですることができました。クスコからレインボーマウンテンにも行きましたが、この時も文句なしの快晴で、本当に雨季だったんだろうかと思うほどでした。

もしかしたら自分がラッキーだっただけなのかもしれませんが、雨季だからとマチュピチュ観光を諦めることはないのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク