「日本語教師の資格を取って海外で活かしたい」と思いついても、まず日本語教師という職業についてよく知らないし、何を準備すれば良いのかもわからないと思います。そこで気になって調べたことをいろいろまとめてみました。

f:id:soymaquita:20180529213143j:plain

日本語教師の資格というものはない

「日本語教師の資格」とひと言でいってしまっていますが、実はそのようなものは特にないようです。もし日本語教師になりたい、もしくは日本語教育を職業にしたいと思っているのなら、以下のような条件をクリアしていることが一般的なようです。

  1. 日本語教育能力検定試験に合格する
  2. 大学・大学院で日本語教育について学ぶ
  3. 文化庁が認定した養成講座などで420時間以上の教育を受ける

以前にJICAで海外シニアボランティアの日本語教師の説明を受けた時も、この3点のうちのどれかをクリアしていることが応募条件にあると言われました。

「日本語教師の資格」にあえて当てはめるのなら1番目の試験に合格することだと思います。この試験に合格していれば、日本語教師として教育に携われるチャンスが広がるということですね。もちろんチャンスが広がるのは2も3も同様です。

ちなみに居住している地域のボランティアなどで日本語を教えたいというような希望ならば、この3条件にこだわる必要はないと思います。しかしただの「自称日本語教師」になってしまわぬよう、地域で開催されている日本語ボランティア教師養成講座などを受けるなりして、知識を得ることは必要だと思われます。

通学でも独学でもなく通信講座を選ぶ理由

社会人になってからフルタイムで仕事をしながらどれかを目指すとすれば「日本語教育能力検定試験に合格する」ことか「文化庁が認定した養成講座などで420時間以上の教育を受ける」のどちらかに絞られてしまいます。

しかし養成講座の通学コースなどを調べてみると、費用が60万円近くかかることがわかりました。私の場合は今のところ、日本語教師になりたいのではなく日本語教師になるための条件3点のどれかをクリアしておきたいというだけなので、正直そこまで費用をかける決断はできません。

そこで選んだのが「日本語教育能力検定試験に合格する」ための勉強。方法としては独学や通信講座などがありますが、独学だと費用を安く抑えられるのが魅力的です。しかし日本語後教育にまったく関わったことのない人が独学で勉強するのは、いったい何から手をつければいいかもわからないし、それを調べているとある程度の時間もかかってしまいます。もし時間に余裕があるのなら独学もありですが、私の場合はなるべく勉強以外に使う時間を短縮したいので、試験までの手順とサポート体制がしっかりしている通信講座を選びたいと思っています。

↓評判の良さそうな通信講座はコチラ↓
<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」

費用は約10万円と決して安くはありません。

でももし社会人で収入があるのなら、そのお金で時間を短縮できるサービスやモノを買って、それで得た時間を運動や睡眠、趣味などに有効活用することも大人の選択だと思います。
※内容の一部はTestosteroneさんのツイッター投稿より引用

日本語教師に向いている人とは

上記で紹介した通信講座を取り扱っているアルク社のHPによると、日本語教師を目指すにはこんな人が向いていると書かれています。

  • 国際交流がしたい人
  • 人生経験を活かして人の役に立つことがしたい人
  • 自分の生活時間に合わせて働きたい人
  • 英語やその他の語学学習経験がある人
  • 海外で生活したい人

私は偶然にもすべてが当てはまっておりました。私が苦手としている「人前で話すことが好き」というのが意外にも項目にありませんでしたが…。しかし教壇に立って教えたいのであればいずれ人前で話すことに慣れなくてはいけないようが気がします。

余談ですが人前で話すことに抵抗があるのは、自分の話そうとしている内容が自分の中ではっきりとしていないから自信がないだけで、「私はどうしてもこれをみんなに伝えたいんだ」という熱意さえあれば、人前で話すことをなんとも思わなくなるんだそうです。

海外で日本語を教えたいのならまず必要な2つのこと

もし晴れて日本語教育能力検定試験に合格した場合、それを海外で活かすためにまず必要だと思うことが2つあります。それは行きたい国の言葉を覚えることと人脈(コネ)づくりです。

特に中南米などは日本語教員に限らず、コネでの求人が多いです。もし行きたい国があり、個人でそこへ飛び込んでいくのなら、まずその国の言葉がしゃべれれば強い見方になります。私なら(やるかどうかは別にして)メキシコやペルーに行って友人知人などに協力をお願いし、まずはスペイン語圏で日本語を教えるという現場経験を何かしらの形で積むことから始めると思います。

語学の勉強も人脈づくりも日本にいる間にできることですので、忘れずに準備しておきましょう。

何よりもまずは日本語教育にどう関わっていきたいかを考えよう

大学や大学院在学中に日本語教育を専攻した人などとは少し違い、ある程度社会人として生活してから日本語教育に興味を持ちはじめたというような場合、まず今後の自分の人生の中で、どのような目的で日本語教育に携わりたいのかによって進路も人それぞれ変わってくると思います。

  • 日本語教師として教壇に立ちたい(日本・海外)
  • 海外ボランティアに参加して途上国の発展に貢献したい
  • 2020年東京オリンピックに向けて海外の人と交流を深めるため、何かしらの手段として日本語教師を目指したい
  • 居住する地域のボランティアで日本語や日本文化などを教えて、日本語を母語としない人たちが快適に日本で生活できるように手助けしたい
  • 口コミなどで身近にいる外国人を対象にプライベートレッスンをしたい
  • 日本語教育の研究に携わり、専門家を目指したい(社会人になってからこんなこと思う人はほとんどいないと思いますが)

動機や理由は様々です。まずは自分が今後どのように日本語教育の現場に関わっていきたいのか。これをはっきりさせることが大切です。そこから進路を考えましょう。

いかがでしたか。
なんだかまるでもう日本語教師になっているかのような書きっぷりをしてしまいましたが、私もまだこれから挑戦してみようかなという立場です。

大人になってからの人生を謳歌するためにも、きちっとビジョンをたててまい進していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」