【ペルー料理】新宿・大久保駅の家庭的な南米食堂ワンチャコ(Huanchaco)

新宿区・大久保駅近くにあるペルー南米酒場ワンチャコ。こじんまりとした店内で、雰囲気も料理の味も家庭的。数々の素朴な料理は何を食べても口に合い、メニューも豊富なので何度でもリピートしたくなるような素敵なお店です。

f:id:soymaquita:20171125133715p:plain
Photo- お店HP

前菜のおすすめはペルー料理名物のセビチェ

ペルーの名物料理ともいえるセビチェは、もちろんこのお店でもおすすめの一品。白身魚または魚介のセビチェと2種類あり、ハーフサイズもあるので両方試してみるのもいいかもしれません。白身魚は大きくてぷりぷり!味付けはマリネのようで、ピリッとペルー唐辛子の辛さもきいています。横に添えられているチョクロというペルーのジャイアントコーンは弾力のある食感で、なかなか日本では味わえないものです。

f:id:soymaquita:20171125133709j:plain

パパ・アラ・ワンカイナもペルー料理の定番。湯でたジャガイモにかかっているこのクリーミーなソースはチーズや卵、牛乳などが混ざっているもので、唐辛子がピリッと聞いているのでインパクトあり、ちょっとやみつきになりそう。

f:id:soymaquita:20171125133710j:plain

メイン料理にはぜひロモサルタードを!

ペルー料理にはもう欠かせないほど人気のペルー国民食ロモサルタード。私もペルー料理を食べに行くと、メニューを見ていろいろ悩んだあげくに、結局この料理を選んでしまうことが多々あるほど万人に好まれている料理だと思います。

料理が出てくるとあまりに香ばしく、臭いだけでご飯が進んでしまいそうです。彩りも良く、見た目もキレイなので思わず「うわぁー」と驚きの声が出てしまいます。

f:id:soymaquita:20171125133711j:plain

ロモサルタードとは牛肉と玉ねぎ、トマト、プライドポテトを炒めたもので、味付けに醤油とビネガー使っているのがこの料理の特徴。そもそもこの料理は昔々ペルーへやって来た中国からの移民が、もともと現地にあった牛肉炒めを変化させてできたフュージョン料理なのです。どうりで日本人の口にも合うわけですね。

牛肉などがっつりと食べたい人には満足のできる一品だと思います。ソースがとてもいい味で、残ってしまったソースをきれいに平らげるために白いご飯をわざわざ追加で注文するお客さんもたくさんいるようです。

出汁がしっかりしみ込んだペルー風魚介のパエリア

f:id:soymaquita:20171125133714j:plain

ペルー風の魚介パエリア(アロス・コン・マリスコス)。魚介の出汁がしっかりとご飯にしみ込んでいます。この料理もやはりペルー唐辛子の味がピリッと辛く、サフランを使っているスペインのパエリアとはまた違った新しい味のエスニック風パエリアでした。

f:id:soymaquita:20171125133713j:plain

ペルー風ローストチキンのポヨ・アラ・ブラサ。こちらもペルー唐辛子のソースをつけて食べます。

ペルーの賄い風ごはん、タクタクって何?

f:id:soymaquita:20180526113724j:plain

Tacu tacu con Lomo saltado(タクタク コン ロモサルタード)1800円(税別)。このかわいい名前のタクタクという料理は、煮込んだ豆をご飯に混ぜて外側に焦げ目をつけている焼きおにぎりのようなご飯(※味は焼きおにぎりとは全然違います)。

タクタクとはケチュア語のTacuyという言葉からきていて、混ぜ合わせるとかそういった意味なんだそうです。

ペルーの家庭料理では豆を煮込むことが多く、余ってしまった煮豆を何か別の料理として使えないかと考案されたものがこのタクタク。

こちらの一品はタクタクに上記メイン料理でも紹介したロモサルタードを添えたもの。ペルー料理は手間をかけて作っているものがとても多く、こちらもまさにそのひとつといえる最高の料理です。

一押しのドリンク&デザートメニュー

チチャモラーダという紫とうもろこしのジュースは、お店によってはボトルの市販のものであったりするのですが、ここでは手作りのものが出されています。私がこれまでにペルー料理を食べ歩いてきた経験では、家庭的な料理をだすお店にはだいたい手作りの美味しいチチャモラーダがあります。

デザートメニューの中にはペルーで大人気のフルーツ、ルクマのアイスがあります。このルクマのアイスがメニューにあるお店はそう多くなく、見かけたらぜひ食べてみてもらいたい一品。ルクマ自体に甘みがあるので、甘味料を加えなくても自然な甘さを引き出せるヘルシーなフルーツなんです。チョコレートとの相性が抜群で絶品のペルースイーツです!

お店情報

お店のある通りはタイやトルコ、インド料理などのエスニック系なお店が並んでいて異国情緒が漂っています。南米酒場という名前もこのあたりの雰囲気にぴったりだなという感じです。でも酒場といってもしっかりとした料理も食べれる食堂のようなレストランです。

お店はテーブル席が4席とカウンター席でこじんまりとしています。みんなでワイワイ行った方が楽しそうなイメージでしたが、まるで「孤独のグルメ」のようにスーツを着たサラリーマン風のおひとり様もいらっしいました。店員さんもとても気さくに話をしてくれるので、女性でも安心して一人で行けます。

メイン料理のお値段はだいたい1200円〜1800円程。味の良さとボリュームで考えると十分にコスパも良いと思います。

ペルー料理が食べたくなったらワンチャコ。おすすめのお店です。

【ペルー南米酒場ワンチャコ(Huanchaco)】

住所:東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザB1F(大久保駅南口より徒歩1分)

電話:03−3368−2780

営業時間:ランチ 11:30-15:00 ディナー 17:30-23:30

お店HP:HUANCHACO ワンチャコ ペルー南米酒場

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ

渋谷のペルー料理屋さん。美味しいペルー料理が手ごろなお値段で、しかもお腹がはちきれそうなほどボリューミーなおすすめのランチをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク