【ペルー観光】砂漠のオアシス、ワカチナへ行くための旅行ガイド

リマからナスカへ向かう途中に位置するイカ(ICA)という街があります。そこにはワカチナという現実とは思えないような景色の砂漠のオアシスがあり、世界中から人々が訪れるペルーの人気観光スポットのひとつとなっています。リマから日帰りでも行けますが、1泊してのんびりしてみるのもオススメですよ。

(2018年5月6日現在、1PEN(ヌエボソル)= 0.3USD)

f:id:soymaquita:20180507121621j:plain

ワカチナへのバスはCruz Del Surがおすすめ

ペルーはバスターミナルの場所がバス会社によって違うので、先に自分でバス会社を選んでおく必要があります。リマからワカチナのあるイカまで向かうにはクルスデルスル(Cruz Del Sur)が快適でおすすめです。

f:id:soymaquita:20180507123103j:plain

(写真はCruz Del Surのバスターミナル)

バスチケットはターミナルでも購入できますが、事前にインターネットやショッピングモール内などにあるバス会社のオフィスでも購入できます。ちなみに私は今回、プラサ・サンミゲルというショッピングモールの地下駐車場のわきにあるオフィスで購入しました。

購入時にはID番号(旅行者ならパスポート番号)が必要となりますのでお忘れなく!

リマからイカまでのバス代は行きが47ソルで、帰りは55ソルでした(帰りのバスは2階建てバス)行きは午前10時リマ発、14時20分イカ着。

【Cruz Del Sur バス乗り場】

Av. JAVIER PRADO ESTE #1109 URB. EL PALOMAR LIMA

ターミナル内フリーWi-Fi、充電スポットあり。

バスの搭乗時にはIDのオリジナル(パスポート)などをチェックされますのでお忘れなく。

イカの街へ到着〜砂漠のオアシス、ワカチナへ

せっかくイカまで来たので街を少し散策してみようと思ったのですが、バスターミナルを出た瞬間、タクシーの客引きがしつこいのと、街の中がごちゃごちゃしすぎてて騒音がひどく、しかも暑いので気が滅入ってしまい、すぐに砂漠のオアシスがあるワカチナへ向かうことにしました。

f:id:soymaquita:20180507124721j:plain

(写真はイカのバスターミナル近くにあった大聖堂)

イカの街からワカチナまではタクシーで10〜15分ほどで行けます。私は普通のタクシーではなくてモトタクシーという三輪自動車みたいなコロコロした乗り物に乗りたかったので、それに乗ってワカチナまで7ソルで連れて行ってもらいました。帰りのモトタクシーは5ソルでした。(下の写真がモトタクシー)

f:id:soymaquita:20180508120847j:plain

ワカチナのホテル

私が今回宿泊したホテルはコチラ

f:id:soymaquita:20180507130602j:plain

前日ネット予約で35ドル(朝食付き)。完全個室でバストイレ付き。建物自体もまだ新しいようでキレイでした。

f:id:soymaquita:20180507130552j:plain

f:id:soymaquita:20180507130548j:plain

ドライヤーがないので、洗髪をするかたはご注意を(フロント貸し出しもなかった、以前はあったようだけど紛失だか故障だかで今回は貸し出せないとのことでした)。

f:id:soymaquita:20180508120843j:plain

ホテルの朝食(この他に卵料理もあり)オアシスを眺めながらテラスで食べられます。

【Hostel Sand and  Lake】

住所:Av. Perotti sin numero-Malecon derecho-HUacachina, Ica, Peru

砂漠散策は夕方がおすすめ

荷物をホテルに置いて、さっそくオアシスを散歩しました。

f:id:soymaquita:20180507132554j:plain

まさに砂漠のオアシス

f:id:soymaquita:20180507132546j:plain

砂丘がすぐ横にせまっています。

オアシスは湖の周りに飲食店や宿泊施設などが集中しています。観光客がほとんどなので、それなりにオシャレなカフェだったりメニューもペルー料理からイタリアンまで様々ありました。

そしてオアシスをすぐにでも遠くから眺めたい!とみんな思うと思います。サンドバギーなどのツアーに参加して登ればあっという間ですが、自分の足で登りたい!というかたには注意点があります!

  • 日が照っている間は、砂が熱くて裸足では歩けません。
  • 思ったよりも砂が崩れやすくて歩きにくいので、ハードな運動にります(のぼり始める前にボトルのお水を調達しておくことをオススメします)。

こういった点を考慮すると、夕方日の暮れ始める前ぐらいに登りはじめて、サンセットと夜景まで合わせて見るのが一番楽ではあると思いますが、そんなに時間かけずにいい景色スポットまで登れてしまうので、のんびりできる人はいろいろ試してみるとよいと思います。

私は今回サンドバギーには乗っていないのですが、乗りたい場合は乗り場に行けばその場で乗せてもらえるような感じでした。

のんびりしたい派には1泊するのがおすすめ

ワカチナはリマから日帰りで行けてしまうのですが、やはり夕暮れのサンセットや夜景も合わせて見た方が充実感があると思いますので(早朝の砂漠もまた良し)それを考えたらワカチナで1泊というスタイルをとるのがおすすめです。

f:id:soymaquita:20180507134645j:plain

しかし日が暮れてしまうともう何もすることがなく、夜は早い時間に静かになってしまいますので、退屈なのが耐えられない人にはちょっとキツいかもしれません。

f:id:soymaquita:20180507134638j:plain

私も8時頃には夕食を食べ終えて、実はいまこの記事をワカチナのホテルで書いています。

わたしはペルーに来て、南米の人のおおらかさ(悪く言ってしまうと大雑把なのですが)をすごく感じていて、やはり南米へ来たら何事も急いだりせずにゆっくりするのが一番いいなと感じています。なのでワカチナへ行ったらぜひのんびりしてみてください!

こちらの記事も合わせてどうぞ

リマのオシャレな地区・バランコへ行ってみました。地元の人や観光客、外国人の融合するエリア。他の国や都市にもそんな場所はたくさんあるはずなのに、なぜか色々と思うことの多い不思議なところでした。感想や見どころなどをたっぷりご紹介しようと思います。

スポンサーリンク