超簡単レシピ!フリホレス「キューバ風豆の煮込み」の作り方

実はわたし豆料理初心者なのですが、今回はレッドキドニービーンズ(赤インゲン豆)を使った簡単な煮込み料理の作り方をご紹介しようと思います。

メキシコ、ペルー、キューバのフリホレスとの出会い

今回レシピをご紹介するのは「キューバ風豆の煮込み」。中南米で親しまれているフリホレスという料理です。私がこれまでに出会ったフリホレスはメキシコ、ペルー、キューバのもの。メキシコのフリホレスは食感といい味や色といい、日本でも食べられている「つぶあん」にそっくりなイメージなんです。イメージというのは、私はメキシコのフリホレスが苦手でいまだに食べられないからです。

その後にペルーのフリホレスを食べる機会がありました。白いご飯になみなみと降りかかっているお豆たちを見て「やっぱムリ」ってはじめは思ったんですが、せっかくだから一口だけと思って味見してみたのです。するとアレレ?甘くない。むしろ塩っぽくて白いご飯に合う。どんどん進んじゃう!それは新しい発見だったとともに、そこから食べれるペルー料理の幅がぐんと広がったのです。

そしてなぜ今回はキューバ風なのかといいますと、キューバ人の経営するお店で食べたフリホレスがカレーみたいに具がたくさん入ってて、私が知っていたフリホレスとは全然味も見た目も違うものだったのに衝撃を受けたのです。さりげなく店員さんに作り方を聞いてみたところ、豆と具を煮込むだけのシンプルなものだったので、私も自分のカンで作るようになったのが今回ご紹介する「キューバ風豆の煮込み」です。

キューバ風フリホレスの作り方

前置きが長くなってしまいましたが、ここでキューバ風フリホレスの作り方をご紹介します。私はちょっとずぼらな性格でもあるので、材料の分量をはかったりするのはあまり好きではありません。なので今回のレシピもけっこう大ざっぱな感じです。

【材料】(5~6皿分)

・レッドキドニービーンズ水煮の缶詰・・・1缶
A
・豚バラブロックまたはブロックベーコン・・・200gぐらい
・ズッキーニ・・・1本
・じゃがいも・・・中2個
・玉ねぎ・・・中1個
・しめじとかエリンギなどのキノコ類・・・適当な量
B
・カットトマト・・・1缶
・ビール・・・250mlぐらい(全ての具を鍋に入れた時にひたひたより少し少ないぐらい)
・固形コンソメ・・・2個
・ローレルの葉っぱ・・・2~3枚
・クミンパウダー・・・おおさじ2ぐらい

【作り方】

  1. キドニービーンズをすべて鍋にあける。
  2. 少量の塩を入れて少し温めます。(このステップはもしかしたら不要かもしれません)
  3. Aを食べやすい大きさに切り、フライパンで塩コショウしながら軽く炒めます。(キノコ類は炒めなくてもいいかもしれません)
  4. 1の鍋に中にAをごっそり入れます。
  5. 4の中にBをすべて入れて25~30分ぐらい、とろみがつくまで煮込みます。途中塩コショウで味を調えます。

カレーのように白いご飯と一緒に食べるのもいいですし、パンにも合うと思います。

以上!とっても簡単ですよね。

私はあまり料理が上手なほうではないので工夫ができないんですが、料理が得意な方はいろいろとアレンジしてみたらもっと美味しいものができるかもしれません!

キューバは社会主義を貫いている国で、食べ物も配給制だったりとなにかと制限の多い国というイメージでした。なのでメキシコやペルーのシンプルなフリホレスと違って、肉や野菜などの具を一緒に煮込むというゴージャスさが少し意外でした。

カレーに似た感じですが、ちょっと変わった中南米料理を振る舞いたいときなどにこの「キューバ風フリホレス」を作ってみてはいかが?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」