マークアンソニーLiveをレポート!inドミニカ共和国(Festival Presidente2017)

いま日本のサルサ好きな人たちが最も日本に来て公演してほしいと願うアーティストはマークアンソニーなんじゃないかとわたし勝手に思っています。しかし来るのを待ってたらいつになるのかわからないので、マークアンソニーが好きすぎな私はドミニカ共和国まで見に行ってしまいました。

f:id:soymaquita:20180305214849j:plain

ドミニカ共和国の音楽祭Festival Presidente 2017

今回私が見に行ったのはドミニカ共和国の音楽祭「Festival Presidente 2017」です。お目当てのマークアンソニーの出番は初日(フェスは3日間の日程)のオオトリ、最後です。

コンサートは夕方ごろから始まり、同じ日にエンリケイグレシアス(Enrique Iglesias)やマルマ(Maluma)まで登場してしまうといった豪華ぶり。マークアンソニーの前に歌ったMaluma人気がスゴすぎたのか、彼を見た後にぞろぞろと帰ってしまう人たちが多く、会場はサルサを踊るにはちょうど良さそうなほどに空いてきていました(とはいえまだすごい人です)。おかげでというか、なんとか私たちはかなりステージに近い前の方を陣取ることができました!

マークアンソニーの登場は夜中の3時

すごい時間ですよね・・・。みんな夕方からの長丁場で疲れきり、こぼれたビールでべとべとになってるゴミだらけの地面にぺったりと座りこんでしまい、ぐったりな状態で次の出番を待っていました。

そこへ何の前触れもなくステージがぱっと明るくなり、いきなりマークアンソニーが登場しました!

(ここから先は少し興奮気味のレポートになります)

ひえ〜っ!突然出てきたよ、出方がかっこいいよぉ!!マークアンソニーってやっぱりすごい。何がかはうまく言えないけど始めから大物感が半端ない。ステージ慣れした感じと貫禄。観客を安心させる余裕の笑み。どれをとっても最高なんです!

この国ではメレンゲをさしおいてレゲトンの方が人気あるんだと感じたばかりで、もうサルサなんてだれも聞かないんじゃないかぐらいに思ってしまってたけど、やはりマークアンソニーほどの人となるともはやジャンルは関係ない。どの曲もみんな興奮の大合唱。

f:id:soymaquita:20171109215231j:plain

コンサート内容を一部始終公開!

マークアンソニーのコンサートに行くのは個人的に今回で4回目になります。歌っている曲はだいたいいつも同じで、オープニングはいつも「バリオラペナ(Valió la pena)」なんです。

今回のコンサートを1曲目から見ていきましょう!

  • 1. Valió la pena
    お決まりのオープニング曲。あの決まり文句”Mi Genteeee!!!”に大興奮!!そして大合唱!
  • 2. Y hubo alguien
  • 3. Hasta ayer
  • 4. La gozadera
    ここでトークが入り「Quieren fiesta?(盛り上がりたい?)」と観客に問いかける。その後にキューバ人レゲトンユニットの「ヘンテ デ ソナ(Gente de Zona)が登場し、豪華な共演となりました。
  • 5. Flor Pálida
    ここで再びトーク「Por favor no me abandonen!(お願いだから見捨てないで)」の意外な一言に、思わずマークアンソニーが愛おしくなってしまいまして「そんなことするわけないじゃん!ずっと一緒だよー!」と心の中でおもいきり叫びました
  • 6. Yo trato
  • 7. Vivir lo nuestro
    会場のレディースたちに一緒に歌ってもらいながらの大合唱。この曲では毎度マークアンソニーの演歌ばりの歌唱力(YouTubeでご覧ください)を見せつけてくれます。コンサートにはもはや欠かせない曲。


Marc Anthony – Vivir Lo Nuestro (En Vivo @ Nassau Coliseum)

  • 8. Felices los 4
    ここで再びマルマの登場です!急に色めきだった歓声があがります。個人的にこの曲はすごく好きだし、生演奏で聞くのも初めてだったのでめちゃくちゃ感動しました!しかもマルマとも共演なんてやっぱりこのフェスはスゴすぎです!

f:id:soymaquita:20171109215233j:plain

  • 9. Que precio tiene el cielo
    あまり日本のサルサクラブなどでは流れないけども、コンサートでは必ず歌う彼のお気に入りの曲なんです。
  • 10. Tu amor me hace bien
    日本のサルサクラブでも大人気の曲ですよね。こちらも同じく彼お気に入りのようで毎回歌っています。

ここで一度ステージが暗くなり終わりを匂わせるも、私は心の中で「あの曲がまだ出てない」とアンコール確信していました。

メキシコ生活でもよく感じてたことなんですが、ラテンの人たちはあまり余韻を感じるってことがないのか、ここでみなぞろぞろと帰ってしまったんです!心の中でもうちょっと待っててあげてー!って叫んでいたら、突然また明かりがついてあの曲のイントロが流れました!一度帰った人たちももちろん走って戻ってきましたよ(笑)

  • 11. Vivir mi vida
    やっぱりこの曲を聞かないと帰れないです!もう今やマークアンソニーの代表曲ですよね。後半「Mi gente! La vida es unaaa!」のあたりになるとマークは観客にめい一杯の挨拶をしながらステージを去って行ってしまいました。イントロだけが生バンドでひたすら流れ続け、私も惜しみながらも「本当に来てよかった。ありがとう。」といった気持ちで胸がいっぱいでした。本当にすごいところに私はいたんだなと思うと、今この記事を書きながらも感動でまた涙が出てきそうになります。

ドミニカまで行った価値は大ありでした

朝方の4時半。

コンサートが終わりました。
本当にあっという間だったし足りないぐらいに思ったけど、物足りないぐらいの方がまた次も行きたいって気持ちにつながるのかもしれませんね。マークアンソニーが初日のラストをつとめ、本当にすばらしいコンサートであったことに感無量でした。

2日目と3日目も引き続き豪華なアーティスト出演が続いてましたが、私はもう初日でおなかいっぱい。

誰と誰が共演したら豪華になるかなんて人によって違うかもしれないけども、私にとってはこのタイミングでこれほど豪華な共演はもうこの先ないのではないかと思います。それほど貴重な経験となりました。日本からわざわざこのためだけにドミニカまで行ってしまっても間違いはなかったです!

f:id:soymaquita:20180614220727j:plain
こちらの音楽祭『Festival Presidente』は何年かに一度しか開催されません。でもドミニカ共和国は大物ラテン歌手がよく訪れてコンサートをしている穴場の国のようですので、ラテン音楽好きな人は要チェックですね!

【参照記事】

Hoy Digital – Enrique, Maluma y Marc Anthony cerraron primer día

Marc Anthony le pone salsa al Festival Presidente – WAPA.tv – Noticias – Videos

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

<検定合格率50%>「NAFL日本語教師養成プログラム」