ファスティング3日間にかかった費用と、感想や反省などまとめ

今回は3日間のファスティングにかかった費用や感じたことや反省点などをまとめてみました。これからファスティングをしようと考えてるかたや、ファスティングについてより知りたいかたの参考になれば幸いです。
ファスティング期間(固形物を取らない期間):2018年1月3日~5日
使用酵素:優光泉
※ファスティングにはいろいろ個人差があります。あくまで私個人の経験の話です。

f:id:soymaquita:20180611221711j:plain

今回のファスティングのチェックポイント

固形物を取らない絶食期間3日間とその後の回復食期間が3日なので、合計6日間は普段と同じ食生活をすることはできませんでした。※回復食期間は絶食した日数と同じが良いといわれています。

  • 絶食1日目は頭痛
    この頭痛を経験して断食はもう二度としたくないって思う人もけっこういるようですが、これは自然な症状なんだそうです。ストレッチや軽い運動などで和らぐといわれています。今回は電車に乗って外出もできたので寝込むほどではありませんでした。
    また、この頭痛は塩分を少しとることでも緩和されるそうです。個人的におすすめな塩分は梅醤。番茶に混ぜてホットドリンクとして飲んだり、回復食の雑炊などに梅干し代わりに入れたりもできるので普段から常備しているアイテムです(自然食品や健康食品のお店で売っています)。
  • 絶食期間、朝の目覚めは最高!
    2日目以降になると朝の目覚めがビックリするほどスッキリ!ここで断食の効果を感じられます。頭が軽い感じでさえていて、何もかもがうまういくような気分になるのです。この感覚を味わいたいというのもファスティングをしている理由かもしれません。
  • 味覚の変化
    回復食期間も終えて普通の食事にもどってすぐに、いつも愛飲していたコンビニの100円コーヒーを飲んだところ「こんなへんな味だったかな?」と思いました(ちょっとショックでした!)。
    初めてのファスティングでは特にこの味覚の変化を感じました。特にインスタント系の食べ物がまったく違う味に感じました。添加物、化学調味料の味に違和感を感じるようになるんですね。しばらくするとまたもとに戻って何とも思わなくなるのですが、こういった機会に完全に食べなくなってしまうものもあるので、健康に一歩近づく感じがしますね。
  • 筋トレや柔術の練習に参加するなど何かしらの運動をしていた
    ファスティング中はウォーキングやストレッチ、軽い有酸素運動などは良いとされているのですが、激しい運動は酵素をムダ使いしてしまうので禁止されています。でも実際に酵素がムダ使いされている感覚とかはよくわからないので、体調さえ悪くなければ様子見ながら運動できると思います。でも食べていないのでパワーは確実に省エネモードになってます。無理は禁物です。

3日間ファスティングにかかった費用

私はファスティング中も必要な栄養分は補給しておきたいという理由で、酵素を飲んでいます。今回私が使用した酵素は佐賀県にあるエリカ健康道場さんで製造販売されている『優光泉(ゆうこうせん)』というものです。

↓今回使用した酵素ドリンクはこちら↓

健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

この酵素を使用するのは初めてで、3日間のファスティングでどれくらい飲むのかも
よくわからなかったので、とりあえずレギュラーサイズのボトル(1200ml)を2本購入。

  • 優光泉レギュラーボトル(2本)・・・単価8500円 × 2本
    割引があったので合計で15000円ほどでした(送料無料)

結局のところ6日間毎日5〜8杯(20ccを4倍に薄めたもの)飲んでも、1ボトルの半分ぐらいしか減りませんでした。3日間ファスティングならレギュラーボトル1本あれば充分です。ハーフボトル(550ml)2本セット7500円というのもあるので、こちらでも大丈夫かと思います。

この優光泉(プレーン味)はポカリスエットに似た味がします。もともと美味しく飲める味だと思いますが、運動の前後に飲んだらさらに美味しく感じました。しかも空腹感が押さえられるので普段でも仕事後にトレーニング行く時などに飲むのにいいドリンクかなと思いました。

また、この優光泉はホットでも飲むことができるのがいいところ。酵素は高熱に弱いといわれていますが、こちらは高温にも耐えられる製法をとっているようなので、寒い冬でもホットドリンクとして飲むことができます。

また、回復期間用の食料として有機玄米ごはん、玄米粥、玄米あずき粥、ベジカレー、あずきかぼちゃ、昆布濃縮だし、うめしょう、番茶、味噌など合計で5000円分ぐらいの自然食品も購入しました。

酵素と合わせると意外と費用かかってました。しかし酵素は半分の値段でも大丈夫そうなことがわかりましたし、回復食に関しては自炊すればもっと節約できるかと思います。ですので3日間の酵素ファスティングでかかる費用は、工夫次第で1万円以内に収められるかと思います。

感想や反省点

〈感想〉

今回のファスティングは冬休み中で自宅にいることが多かったのと、飲食ができないので友人にも会いづらかったりして、空腹感を余計に感じてしまうことが多く、少しつらくなりました。なので一人でファスティングをするのなら少しストイックにならないと
途中で心が折れてしまう可能性もあります。

最近、合同ファスティングなども開催されているので参加してみると仲間がいて心強いかもしれません。

NMGFニュームーングループファスティング3日間に参加した感想【酵素断食】

〈反省〉

酵素ドリンクを飲むことばかりに気をとられてしまい、酵素と同じぐらい大切な『お水』を飲むのを忘れていました。朝起きたら必ず1杯のお水。これすらできてなかったのにはかなり反省。ファスティング中はいつも以上、必要以上に水を飲む必要があるとされています。

ファスティングで得られた結果、断捨離で福を呼ぶ

内蔵を休ませたくて挑戦したファスティングなので、はっきりとわかる結果はありませんが、おそらく内蔵は充分に活動をお休みできたことでしょう。測ってないのですが、きっと体重も減っていると思います。

断捨離をするとスペースができるのでそのぶん新しいものが入ってくると言われていますよね。ファスティングも体の中の断捨離です。こころも体の中もキレイになったら、いままでになかったような不思議なミラクルが引き寄せられるかもしれません。

私がいまブラジリアン柔術などをやっているのも、遡ると2年前のファスティングにつながっています。その間にもいろいろありましたが、結果ブラジリアン柔術や護身術のように楽しく夢中になれるものが見つかったのです。

ファスティングをする前に願掛けをする人もよくいるようです。私はこれといった願掛けはしていないですが、乗り越えればきっといいことあるに違いないっていつも信じています。

健康は大切だけどもっと大切なこと

ファスティング中はいろんなことを考えています。あれこれ食べたいって考えるのももちろん、なぜ我慢してまで断食しているんだろうとか。結局は体にいいことをしたいからやってるわけですが、どんなに日々健康に気づかっていても、ある日とつぜん人生が終わってしまう可能性だってあるわけです。そう思うと元も子もなくなっちゃいますね・・・。
でもそう思わないためには毎日を大切に、楽しく精一杯生きることが健康よりも何よりも大切なこと。それは普段から心がけていたいことですが、こういった機会に改めて感じることになります。

さいごに

いかがでしたか。今回は3日間ファスティングの経験を綴りましたが、断食は1日でも半日でも内蔵を休めてあげることができます。長めのファスティングをすると味覚や食習慣も以前と大きく変わることになると思います。もちろんダイエット効果もありなので、どんな目的にせよもし興味を持ったのならば、いい経験となると思うのでぜひチャレンジしてみてほしいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。