メキシコシティで長期間断水!死者の日にあたるも観光には影響なし?

9月からメキシコシティで段階的に行われてきた断水の3回目が10/31~11/4に発生するそうです。

観光客で賑わうこの時期に断水?

この断水は上水道整備のために行われているそうでなのすが、5日間という信じられない期間なうえに、ハロウィンや死者の日が重なり、メキシコがもっとも観光客でにぎわうといっても過言ではないような時期にナゼ?という感じですよね!この容赦ないメキシコ水道局の決断に思わず苦笑してしまいます。

今回の断水で影響の出るエリアの中には日本大使館やアメリカ大使館などもあるオフィス繁華街などの地域も含まれており、ちょうどこの時期にメキシコシティへ旅行するつもりの人が知ったら「えっっ?」ってちょっとビックリしてしまいますよね。

メキシコシティに行くなら少しだけ心の準備を

しかし観光には影響ないという記事もでており、そんなに心配することはないようです。住人にもパニックにならないよう市が体制を整えていたり、十分な事前準備や対策方法などの呼びかけをしているようです。

とはいえそこはメキシコ。何が起こるかわかりません!断水期間中は洗濯をしないようにだとか、シャワーはバケツで!なんていうなかなかサバイバルな生活を強いられるのでは?と少し不安になるような呼びかけもあります。

旅行をされるかた、特に個人経営などの小さな宿などに泊まったりする旅行者のかたは少し心の準備をしておいた方がよいかもしれませんね。

断水に備えて準備していたこと

私もメキシコで生活していた時に何日間かにわたる断水を経験したことがあります。日本では経験したことなかったので、何の準備もしていなくて慌ててコンビニへ水のボトル(メキシコではガラフォンという大容量のボトルで販売されています)を買いに走った記憶があります。

今回のメキシコシティのように事前案内があり、体制もある程度整えられている断水ならまだしも、突然起こってしまいいつまで続くかわからないような建物内や自宅内だけで起こる断水などもあるわけです。そんなときに普段から備えておいたことといえば、やはりコンビニで買ったガラフォンを捨ててしまわずに、その中にお水を蓄えていたことでしょうか。場所取るしジャマで仕方ないんですけどね!しかも何日も続くような断水だったらこの蓄えだけじゃ普段通りの生活は到底続けられないんですが、でもこれを準備しておくだけでも最悪、トイレを流せますし洗顔ぐらいはできます。気休めですね。

また、断水中は友達の家でシャワーを浴びさせてもらったり近くにあるオフィスビルのロビーなどにあるトイレを拝借したりと、いろいろ工夫をこらしたりもしました。

いかに水が大切かってことをよく知るいい機会にもなりました。

断水について

断水期間:10月31日(水)午前5時~11月4日(日)※断水工事は10/31~11/3午前中までですが、その後給水準備のため4日まで断水。

断水エリア

メキシコシティ
Miguel Hidalgo(Col.Polanco, Lomas De Chapultepec等) 、Cuahetemoc (Col.Cuautemoc, Juarez, Condesa, Roma, Roma Sur等)

部分断水:Alvaro Obregon、Azcapotzalco、Benito Juarez、Cuajimalpa、Coyoacan、Iztacalco、Iztapalapa、Magdalena Contreras、Tlahuac、Tlalpan、Venustiano Carranza

メキシコ州
Atizapan de Zaragoza, Coacalco, Cuautitlan Izcalli, Cuautitlan Mexico, Ecatepec, Huixquilucan, Naucalpan, Nezahualcoyotl, Nicolas Romero, Tecamac, Tlalnepantla, Toluca, Tultitlan

参照記事:Corte de agua en CDMX no afectará visita de turistas en Día de Muertos

こちらの記事も合わせてどうぞ

メキシコが舞台となっている映画レジェンド・オブ・メキシコ(2004年 ロバート・ロドリゲス監督 アントニオ・バンデラス主演)、日本で公開され...

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク