新橋で一流シェフの創作ペルー料理が食べられる荒井商店

東京の新橋駅付近にはたくさんの飲み屋さんが建ち並んでいますが、そんな飲食店の密集したエリアから少し歩いて行ったところに、ぽつんとペルー料理屋さんがあるんです。しかも店構えは日本的な感じなのでとてもペルー料理屋さんにみえないこのギャップがインパクトありました。

荒井商店の外観

オシャレなボトルのキヌアビール

ボトルがかわいいキヌアビール

ペルーの飲み物といえばブドウの蒸留酒ピスコを使ったサワーや、チチャという紫トウモロコシをシナモンやフルーツと煮込んで作ったチチャモラーダなどが有名ですが、他にもキヌアを原料としたペルー産のキヌアビールというのがあります。このビールはフルーティーな味がして飲みやすかったです。

しかもビールのボトルについてるペルーっぽいエスニック調の飾りがとてもかわいくてセンスがいいんです。女性なら絶対にカワイイ!って喜ぶことまちがいなし。この女子力高いキヌアビールは女性にぜひおすすめしたいです。

ペルーの代表料理

コース料理前菜のセビチェ

セビーチェとは、新鮮な魚介類と玉ねぎを混ぜ合わせてたっぷりのレモン汁で味付けしたマリネ料理です。本場のペルーではセビチェのお店があるほどの国民的料理。ペルー人シェフのお店では唐辛子多めでけっこう味付け辛いのが多いですが、日本では控えめでピリ辛ぐらいなのが多いと思います。ここでは魚の素材の味を邪魔しないような控えめな味付けがされていました。

コース料理前菜のカウサレジェナ

こちらの料理はカウサレジェナ。レジェナとはスペイン語で詰め物のことです。中身は作る人それぞれだけど、ツナやアボガドなどが多めです。ここでは豚肉が混ざっていてめずらしいなと思いました。

この料理は型をつかってマッシュポテトや詰め物を交互にはさんで層を作っています。まるでスイーツのようにデコレーションされて、オシャレにカラフルに盛られているので、テーブルに出てくると思わず感嘆の声をあげることが多い一品。SNS映えもまちがいないですね。ここのカウサもとてもオシャレです。

メイン料理とデザートも絶品

メイン料理のセビチェデポヨ

こちらがメインのセビチェ・デ・ポヨ。予約時にリクエストした料理です。以前ペルー人の友人がこの料理を作ってくれて、それがとても美味しかったんです。ペルー料理は同じ料理でも作る人によって大きく違いがでたりするので、美味しいと評判のこちらのお店でもぜひ食べてみたかったんです。この日はセビチェがかぶってしまいましたけどね。

彩りにはあまりインパクトがないですが、マリネ風に煮込んでしっかりと味付けされています。メイン料理にしては少し鶏肉が少なめでもの足りなかったかな。

デザートのピカロネス

デザートはピカロネス。カボチャを使った生地の揚げドーナツみたいなものなんですが、ペルーでは道ばたの屋台などでも売られているおやつ的なものです。アツアツのうちに冷たいアイスと一緒に食べるとたまらなく美味しい。あまりの美味しさに思わず会話も止まり、無言で食べてしまいました。

さいごに(お店情報)

ここの店構えや名前からして「何屋さん?」といいたくなるようなお店。ペルー料理と知ってさらにみんな驚くはずです。

一流レストランでの経験を積んだシェフの料理は、誰もが口をそろえて美味しいといいます。そんな名店なだけあってディナーは予約必須。予約はコースのみで、3500円以上〜500円刻みで値段のチョイスができます(飲み物は別)。食べてみたいペルー料理があればリクエストも可。わからなければお任せでよいと思います。

何度もいいますが、ここの料理は本当に何を食べても味が良いです。予約が必要なのでなかなか気軽にとは言えないけども、贅沢に一流のペルー料理を食べてみたいと思ったらもうここで間違いなしです!ビーガン向け料理も相談可とのことですよ。

荒井商店(あらいしょうてん)

住所:東京都港区新橋5−32−4

電話:03−3432−0368

営業時間:〈ランチ〉11:30〜15:00 〈ディナー〉18:00〜23:00

定休日:日曜日

席数:18席